習字道具の選び方

習字道具の選び方

習字道具選び方について、「弘法筆を選ばず」という諺があります。「道具なんてどれでもいい」という意味なんでしょうが(笑)、これは違います。「弘法筆を選ばず」というのは弘法大使のように名人になると、道具を選ばなくてもちゃんと書ける、ということです。ですから、書道の名人じゃないのなら、道具は選ぶべき。弘法大使も、実はとっても筆を選んだ人だったようです・・・。
 
初めて習字道具を選ぶとき、よく「初心者だから、安いもので・・・」という選び方をする人がいますが、それはやめた方が無難でしょう。安物は安物、絵筆で習字がうまく書けるはずがありません。「私には才能がない」とか、せっかくやりはじめようと思ったものをそう言う理由で挫折してしまうのはあまりにもせつないですからね。「安物買いの銭失い」にならないようにしましょう。もちろん「高いものがすべていいか?」というと、それも宝の持ち腐れになりかねませんから、しっかり選びたいものです。
 
習字道具、小学生には小学生向け、中学生には中学生に向いた筆というのがちゃんとあるんですよ。それから楷書用、行書用、草書用、隷書用・・・・用途に合わせてもたくさんの種類、選ぶのは大変かもしれませんが、選んであげることでそのあとの上達もスムーズなります。とくに初めて書道を体験するお子さんには、しっかり選んであげてください。

習字道具販売

書道道具販売なら、楽天のネット通販が便利です。スタンダードなところでは、「ゆうびどう」のものが、はじめの一歩としては安心して使えます。硯と筆にこだわった 書道セットデニムピンク(ゆうびどうオリジナル)など、初めて筆を持つお子さんにいいかもしれませんね。

すこし上達してくると、習字道具もやはり直接手にとって吟味したくなるもの。書道道具の販売店は、こちらから探せます。あなたのうちの近くの書道道具販売店を見つけて下さい。

http://www.hikari-school.com/syodou/link/goods.htm

習字道具 通販

習字道具通販で買うのが便利です。楽天の通販なら安心ですね。ゆうびどうは習字道具通販の大手サイト。大人向けから子供向け、墨や硯などの品揃えが豊富です。額縁フレームなどもありますので、重宝します。しかしすこし上達してくると、習字道具もやはり直接手にとって吟味したくなるものです。書道道具の販売店は、こちらから探せます。

習字道具の洗い方

習字道具洗い方を説明します。特に筆は手入れをしっかりしないと、すぐにダメになってしまうので気をつけて下しさい。ポイントは、かたくなってきたら、水ではなくお湯に一日つけ置きすること。すると筆の根元から柔らかくなり、綺麗になりますよ。熱湯ではなく、触ってみて少し熱いかな?と感じるくらいの熱さがベストです。熱すぎるお湯を使うと、逆に筆を傷めてしまうので、注意して下さい。一晩つけ置きして、翌日取り出し筆先を指で整え、ぶら下げて干します。すると新品のような柔らかさが戻ってきます。

水で習字できる道具

水習字を知っていますか。この水でお習字セット、最近、カルチャースクールで静かな人気を呼んでいるのです。書道を気軽に楽しめるのがこの人気の原因なんでしょう。どういうものかというと、筆を水に浸し、付属の半紙に書き入れると、書いた部分の半紙の色が変化し文字が書ける、というものです。そしてその書いた文字が、5・6分すると水分が蒸発して消えてしまいます。文字が消えたらまた書けるので、失敗も気にせずのびのびと書道を楽しむことができますよ。1枚の半紙は、繰り返し1000回以上練習でき、半紙に書く前の練習用として、なかなか重宝します。書き終わった後筆や硯を水洗いする必要がないので、手軽に練習できます。 お子さんの習字練習にも、もってこいですね。

呉竹 水でお習字セット

習字道具の価格

習字道具価格は、下は1000円程度から、上は青天井です(笑)。いい習字道具を使おうと思ったら相当の価格がしますが、初心者、お子さんには5000円程度の習字道具セットがお勧めです。特に習字は筆が命ですので、筆には少し価格の高いものを使ったほうがいいです。安いものだと毛先がすぐに開いてしまい、道具としての用を成しません。うまく書けなければやる気も失せてしまうもの。。硯と筆にこだわった 書道セットデニムピンク(ゆうびどうオリジナル)あたりがお勧めです。

習字道具の料金

習字道具料金は、使いやすさにかなり現れます。安いものは当然それなりの質ですので、あまりお勧めできません。「弘法筆を選ばず」ということわざがありますが、それは達人のお話(笑)。初心者は腕の不足を道具で補ってもらう、というぐらいの意識を持ったほうがいいと思いますよ。うまく書けないと、モチベーションも下がりますので、結局は損をしてしまうことになります。習字道具は料金5000円ぐらいをめどに選ぶのがいいでしょう。